まちなかにある小っちゃい草原
「吹田の原っぱ」は希少種の宝庫!

あなたも半日、植物学者のフィールドワークを体験してみませんか?
実施団体「すいた市民環境会議」が言う「希少な草花」とは、今は全くと言っていいほど少なくなってしまった植物で、草原に生える性質の草花であり、主に大阪府が作ったレッドリストに絶滅が危惧されるとして記載されている植物です。
どのような植物が、どこに、何個体あるかを数えるのは調査の第一歩です。探し出した時の喜びを味わっていただけたらと思います。
この事業は終了いたしました。
[日時] 2014年9月15日(月祝)午前8時50分~12時30分
[会場] 北千里駅からすぐの原っぱ
※集合場所:阪急千里線「北千里」駅の改札口を出たところ
[対象] 小学生から大人まで、関心をもってくださった方ならどなたでもご参加いただけます。
[費用] 300円 ※高校生までは無料
[持ち物] 晴雨ともに、飲み物、動きやすい服装・靴(長そで長ズボン)、軍手、虫よけ、雨具、(必要に応じて)筆記具
[定員] 30人
[申込締切] 2014年09月08日(月)※ただし、定員になるまで受け付けます。

※お申し込みやお問い合せ方法などについては、下記のリンク先からご確認ください。
「Save Japan Project」イベント情報へ

実施団体:特定非営利活動法人 すいた市民環境会議
協働団体:社会福祉法人 大阪ボランティア協会、認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター
協力団体:吹田市立市民公益活動センター「ラコルタ」
協賛:損保ジャパン・日本興亜損保