協働コラボdeブラボ!

事例No.7「吹田元気農家とハピスマ朝市 In さんくす夢広場」

吹田市では地産地消を紹介する朝市が豊津公園と吹田市役所、JR吹田駅前さんくす夢広場で開催されています。その内、さんくす夢広場では、吹田市農業振興研究協議会、障がい者福祉事業所のHAPPY&SMILE、吹田さんくす名店会商業協同組合、吹田市が共催し、イベントを開催しています。
平成26年度は、栄通り商店街にあるHAPPY&SMILEの販売店で実施しましたが、平成27年度からは、より市民に知ってもらう取り組みとしてJR吹田駅前のさんくす夢広場に場所を移して、開催しています。また、HAPPY&SMILEのある栄通り商店会が共催しています。
hapisuma

市民事業のコンセプト

どうやって活動に結び付いたか(プロセス)

1.きっかけ ○市内の農業振興の一環として
・農業振興の一環として、当時のまち産業活性部の提案で朝市が始まった。
○障がい者福祉事業所との結びつき
・当時のまち産業活性部から、HAPPY&SMILEに対し、地産地消の農作物と一緒に、販売をしないかという話を持ちかけ、朝市に参加することになった。
2.展開 ○場所をどうしたか
・平成26年度はHAPPY&SMILEの店舗前で実施したが、スペースが狭いことから、平成27年度からさんくす夢広場で実施することになった。
・当時のまち産業活性部が、さんくす夢広場の管理者である道路公園部、吹田警察署と広場の使用に関する調整を行った。
○商業者・事業者の協力
・イベント開催にあたっては、集客に繋がる運営面(PR、運営アドバイス、地元商店街との提携指南など)において、吹田さんくす名店会商業協同組合が協力している。
3.めざすもの ○都市農業の大切さを知ってもらう。
・地産池消の都市農業の大切さを知ってもらい、未来に残していきたい。特に今の子ども達に、自然本来の味を知ってもらいたい。
○障がい者の就労支援
・障がい者も仕事を選べたり、新しい仕事を作っていけるような環境づくりをめざしている。

協働相関図

協働相関図

事例No.7「ハピスマ朝市inさんくす夢広場」PDFデータ
協働コラボdeブラボ!トップページへ