シンポジウム「地縁と志縁で支え合うまちづくり」

少子高齢化、自治会加入率の低下などにより、地域の担い手不足が嘆かれている中で、多様な主体が地域に関わる“地域協働”の取り組みが増えてきています。
地域社会を支えてきた自治会などの“地縁”団体に加え、テーマ型で社会課題に取り組んでいるNPOなどの“志縁”団体、さらには行政や企業など、それぞれの特徴を活かした地域への関わりが、これからのまちづくりにどう影響していくのか、様々な事例をもとに考えてみませんか。
この事業は終了いたしました。
[日時] 2015年2月22日() 午後1時30分~ 4時00分
[会場] ラコルタ
[対象] どなたでも
[定員] 50名(先着順)
[費用] 無料
[ゲスト] コーディネーター:寺川 政司さん(近畿大学建築学部建築学科 准教授、CASEまちづくり研究所 顧問)
事例紹介:特定非営利活動法人暮らしづくりネットワーク北芝、青山台公団連合自治会、八尾市役所
[申込] 電話・FAX・Eメールでお申込ください。問い合わせはこちらから。

[共催] 吹田市立市民公益活動センター、特定非営利活動法人市民活動フォーラムみのお、高槻市市民公益活動サポートセンター