テーマカフェ

9月のテーマカフェ
「大学生の政治参加のカタチ」

今夏の参議院選挙より、選挙権年齢が引き下げられ、18歳から投票や選挙活動ができるようになりました。
選挙は、政治参加のひとつのカタチ。政治について考える機会は、選挙しかないのでしょうか?
「そもそも選挙に行く必要ってある?」
「選挙や政治の話なんて友達とはしにくいけど、きちんと考えてみたい。」

そんなアナタへ…
大学生として、政治や政策に関わるゲストのお話を聞き、ざっくばらんに「政治」「選挙や政治・社会との関わり方」について一緒に考えてみませんか?
この事業は終了いたしました。

[日時] 2016年9月8日(木)午後7時~午後8時30分
[会場] ラコルタ
[対象] テーマに関心のある高校生~30歳くらいまで
[定員] 先着10名
[費用] 無料
[ゲスト] 大阪大学公共政策研究会
★佐藤航平さん(法学部国際公共政策学科 2回生)
★萩原誠也さん(医学部保健学科看護学専攻 2回生)
公共政策研究会は、大阪大学で唯一の政策系公認団体です。研究会での活動を通して、自分の問題意識を元に社会に働きかけられる「自治社会の核」となる人物の創造をめざしています。現在は、人脈の形成や、政策に関する知の向上及び蓄積、国及び地方自治体への政策提案などを行っています。
[申込] 電話・FAX・Eメールでお申込ください。問い合わせはこちらから。

※受講にあたって特別な配慮が必要な場合は、事前にご相談ください。

チラシはこちらから