イベント

12/11(日)テーマカフェ「運動」から 健康を考える

テーマカフェチラシ
健康寿命という言葉を知っていますか?
2015年に国連がSDGs(持続可能な開発目標)を策定、その柱の1つがすべての人の健康の実現です。健康には「運動やスポーツが大きく貢献する」と言われています。
健康寿命とは、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間のことです。2019年の日本人の平均寿命は、男性81.4歳・女性87.4歳、一方で、健康寿命は男性72.6歳・女性75.3歳に留まっていました。どちらも年々伸びてきていますが、その差は縮小しておらず、ロコモティブシンドロームという新たな国民病が問題となっています。
わたしたち草郷ゼミは、健康寿命を左右する要因として運動に注目しました。運動不足は日本人の死因に至る要因の第3位を占めています。また、健康寿命を縮めてしまう大きな原因となる転倒・骨折を予防するためにも運動は必要不可欠と言われています。
そこで、自身の運動習慣を見つめ直し、健康な生活につなげる運動の大切さを一緒に考えてみませんか?

※ロコモティブシンドロームとは:運動不足により脚腰などの運動器が衰え、被介護生活を余儀なくされることです

[日 時] 2022年12月11日(日)10:00~12:00
[会 場] ラコルタ
[内 容] 「関西大学社会学部社会システムデザイン専攻草郷ゼミ」より
     話題提供いただき、参加者同士で意見交流します。
[対 象] どなたでも
[定 員] 先着15名
[費 用] 無料
[申 込] お名前、ご住所、連絡先を添えて、電話・FAX・Eメールのいずれかでお申込ください。

※参加にあたって特別な配慮が必要な場合は、事前にご相談ください。
※テーマカフェは、関心のある人たちが集まり一緒に参加者同士で語り合う場です。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、参加にあたってはマスクの着用をお願いします。
※参加時に、発熱・咳・のどの痛みなどの症状がある場合は、参加できません。
※今後の感染状況によっては、事業の内容を変更・中止する場合があります。

チラシはこちらから